トップページペット系の資格 ≫ 獣医師



■■ 獣医師 ■■

獣医師は、犬、猫、牛、馬、豚といった飼育動物の診療や伝染病の予防などはもちろんのこと、公衆衛生面での指導、野生動物の保護、希少動物の人工繁殖なども行います。
その他、国家公務員、地方公務員、農業団体職員、制約、食肉関係の企業など幅広く活躍できる環境がある資格です。





■ 受験資格

(1)現行の大学の獣医学の正規の課程(6年制)を修めて卒業した者
(2)昭和53年4月1日から昭和59年3月31日までに大学に入学して獣医学の正規の旧課程(4年制)を修めて卒業した者であって、大学院において獣医学の修士の課程を修了した者
(3)大学の獣医学の正規の旧課程(4年制)を修めて昭和28年3月から昭和53年3月までに卒業した者
(4)昭和53年3月31日以前に大学に在学していた者であって、大学の獣医学の正規の旧課程(4年制)を修めて昭和53年4月1日以降に卒業した者
(5)外国の獣医学校を卒業し、又は外国で獣医師の免許を得た者であって、獣医事審議会が獣医師法第12条第1項第1号に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有すると認定した者
(6)獣医師国家試験予備試験に合格した者
(7)学校教育法(昭和22年法律第26号)附則第3条第1項の規定により旧大学令(大正7年勅令第388号)による大学として存続した学校であって獣医師免許審議会が認めたものの農学部獣医学科を昭和26年3月以降に卒業した者又は同項の規定により旧専門学校令(明治36年勅令第61号)による専門学校として存続した学校であって獣医師免許審議会が認めたものの獣医学科を昭和26年3月に卒業し、かつ、その学校の専攻科1年の課程を修め、これを昭和27年3月までに卒業した者
(8)獣医師法附則第6項、第7項若しくは第18項又は旧獣医師法(大正15年法律第53号)第1条の規定により獣医師の免許を受けた者であって、4年以上獣医師としての経験がある者

■ 資格試験の内容

(1)試験の種類
 試験は、必須問題に関する試験、学説に関する試験及び実地に関する試験に分けて行う。
(2)試験の科目
 必須問題に関する試験、学説に関する試験及び実地に関する試験のいずれも獣医学全般について出題する。なお、具体的な出題対象範囲は、獣医師国家試験出題基準(平成21年3月獣医事審議会決定)による。
(3)試験の出題数
 必須問題に関する試験は50問、学説に関する試験は160問、実地に関する試験は120問とし、合計で330問とする。
(4)試験の方法
 必須問題に関する試験、学説に関する試験及び実地に関する試験のいずれも筆答による多肢選択方式(マークシート)による。

■ 資格合格率

83.7%

■ 資格試験日

平成27年2月17日(火曜日) 9:30〜16:50
平成27年2月18日(水曜日) 9:30〜15:00

■ 受験料

13900円

■ 試験実施会場

北海道:北海道札幌市北区北七条西1丁目1番 秀英予備校札幌校
東 京:東京都江東区有明3-5-7 TOC有明4階
福 岡:福岡県福岡市博多区博多駅前4-2-25 代々木ゼミナール福岡校

■ 受験対策

■ 問い合わせ先

農林水産省 消費・安全局畜水産安全管理課
担当者:獣医事班
代表:03-3502-8111(内線4530)
ダイヤルイン:03-6744-2103
FAX:03-3502-8275






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP