トップページペット系の資格 ≫ 飼料製造管理者



■■ 飼料製造管理者 ■■

家畜の飼料に、定められた量異常の添加物を使用すると、それによって生産される畜産物が有害なものになる恐れがあります。
これを防止するために、飼料や飼料添加物の製造あるいは保存などについて管理し、また指導を行う資格が飼料製造管理者です。





■ 受験資格

抗菌性物質製剤を含む飼料、落花生油粕・尿素・ジウレイドイソプタンを原料とする飼料、飼料添加物などの製造業務に3年以上従事し、講習を終了したもの
ただし、次のものは受講の必要はない。
@獣医師または薬剤師
A大学、高専において薬学、獣医学、畜産学、水産学または農芸化学の課程を修めて卒業したもの。

■ 資格試験の内容

講習最終日の午後、講習内容についての試験を行い、その成績が優秀なものを修了者として認定する。
@飼料及び飼料添加物概論(4時間)
A飼料及び飼料添加物の安全対策(4時間)
B飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法令(4時間)
C家畜衛生及び食品衛生に関する法令(4時間)
D飼料及び飼料添加物の製造管理(4時間)
E飼料及び飼料添加物の分析及び鑑定(4時間)
F家畜栄養学(4時間)
G家畜衛生学(4時間)
H飼料及び飼料添加物の分析実習(4時間)

■ 資格試験日

7月上旬〜8月下旬

■ 受験料

40000円(開催年により異なる)
※別途サブテキスト代25000〜28000円が必要

■ 試験実施会場

さいたま

■ 受験対策

■ 問い合わせ先

独立行政法人 農林水産消費安全技術センター
飼料安全検査部飼料管理課
〒330-9731
埼玉県さいたま市中央区新都心2-1
さいたま新都心合同庁舎検査棟
TEL 050(3797)1857






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP