トップページペット系の資格 ≫ 犬訓練士



■■ 犬訓練士 ■■

公認訓練士になるには、日本警察犬協会が実施する三等訓練士試験を受験し、これに合格しなければなりません。 訓練士試験を受ける前に、まず見習訓練士として日本警察犬協会の公認訓練士が経営する訓練所に入所し、ここで受験のための実績を作ることが最も良い方法です。 見習訓練士は原則としてその訓練所に住込みとなります。 また、この訓練所とは別に犬の訓練士を養成する専門学校的な公的な機関は残念ながら1ヵ所もありませんが、私的機関は若干あります。ここでも日本警察犬協会の訓練士の資格は取得できませんので、当協会の訓練士試験に合格しなければなりません。





■ 受験資格

・協会の会員で満18歳以上の人
・訓練の経験を有しこれに関係している人
・所定の訓練試験合格実績がある人
上記の受験資格の条件を満たし、人物・素行などを判定され適当と認められると、試験を受けることが出来ます。

■ 資格試験の内容

【学科】
・犬に関する心得
・犬学(概論)
・訓練法
・繁殖
・飼育管理
・畜犬に関する法令と規則

【実技】
・基礎訓練と応用

■ 資格合格率

100%

■ 資格試験日

各地域別年1回

■ 受験料

10000円

■ 試験実施会場

各地域

■ 受験対策

■ 問い合わせ先

(社)日本警察犬協会本部
〒110-0015
東京都台東区東上野4-13-7
TEL 03(5852)2521






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP