トップページ生活・商業・デザイン系の資格 ≫ 警備員



■■ 警備員 ■■

時代の変化に伴い警備員の質的向上が求められて導入された検定制度(登録講習)です。
いまや、安全に対する知識と技能、その場に即した的確な判断力などが求められる警備業務には欠かせない資格であり、有資格者は10万人に達しました。





■ 受験資格

誰でも受験できます。

■ 資格試験の内容

以下の警備業務内容に準じて、学科試験、実技試験の内容が決まる。

【空港保安警備業務2・1級】
 空港等の施設で航空機の強取等(航空機に持ち込まれる物件の検査にかかわるものに限る)の事故の発生を警戒し防止する業務

【施設警備業務2・1級】
 警備業務対象施設の破壊等の事故の発生を警戒し、防止する業務

【雑踏警備業務2・1級】
 人の雑踏する場所における負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務

【交通誘導警備業務2・1級】
 工事現場その他、人または車の通行に危険のある場所における負傷の事故の発生を警戒し、防止する業務

【核燃料物質等危険物運搬警備業務2・1級】
 運搬中の核燃料物質等危険物の盗難等の事故の発生を警戒し、防止する業務

【貴重品運搬警備業務2・1級】
 運搬中の現金、貴重品、有価証券等の貴重品の盗難等の事故の発生を警戒し、防止する業務

■ 資格合格率

61.1%

■ 資格試験日

都道府県により異なる

■ 受験料

【空港保安警備業務2・1級】 各16000円(受講料50000円)
【施設警備業務2・1級】 各16000円(受講料31500円)
【雑踏警備業務2・1級】 各13000円(受講料31500円)
【交通誘導警備業務2・1級】 各14000円(受講料31500円)
【核燃料物質等危険物運搬警備業務2・1級】 各16000円(受講料31500円)
【貴重品運搬警備業務2・1級】 各16000円(受講料31500円)

■ 試験実施会場

都道府県により異なる

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

各都道府県公安委員会

【登録講習】
一般社団法人 警備員特別講習事業センター
TEL 050(5523)5413

有限会社 航空保安警備教育システム
TEL 03(5708)0126






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP