トップページ生活・商業・デザイン系の資格 ≫ レタリング技能検定



■■ レタリング技能検定 ■■

文字デザインに関する正しい知識と、用途の応じた美しい文字や独自性・訴求力のある文字を書き表す能力を客観的に評価・判定することにあります。
また、そのことにより社会におけるレタリングの技術水準を高め、普及することにあります。
レベルは4級から1級まであり、すべての級で知識試験(1枚)と実技試験(3枚)があります。





■ 受験資格

レタリング技能検定には、4級・3級・2級・1級とありますが、その基準は文部科学省告示のレタリング技能審査基準(認定検定当時の基準)に従っていますので、自分の技能に適合すると判断した級位を受検するようにしてください。どの級から受検してもかまいません。

■ 資格試験の内容

●4級
程度 基本の書体を理解し、整った文字を書くことができる。
知識 常用漢字表に使われている明朝体の骨格を基礎的に理解している。
   基本の書体のうち漢字・かな文字の明朝体・ゴシック体、欧文のローマン体・
   サンセリフ体を理解している。
実技 指定された手本の文字を一定時間内で見て書くことができる。
●3級
程度 基本の書体を理解し、その表現技術をもっている。
知識 常用漢字表に使われている明朝体の骨格を正しく理解している。
   基本の書体を理解している。
   国語の用字・用語に対する基礎的な知識をそなえている。
   レタリングに必要な用具・用材の基礎的な知識をそなえている。
実技 指定された基本の書体(漢字・かな文字の明朝体・ゴシック体、欧文のローマ
   ン体・サンセリフ体およびアラビア数字)の文字を手本なしで一定時間内に表
   現できる。
   レタリングをするための初歩的な描線技術が身についている。
●2級
程度 書体(既成)を選択または創作し、表現する技術をもっている。
知識 レタリングに関する専門用語(書体・技法・用具・用材など)を理解している。
   印刷についての基礎知識(版下制作および印刷指定)をそなえている。
実技 和文指定書体(漢字かなまじり文)、欧文指定書体表を視覚的に統一して、
   一定時間内で表現できる。
   語句の内容にふさわしい書体を選択または創作し、一定時間内で表現できる。
●1級
程度 レタリングおよび広く関連領域にわたる知識と高度な専門技術をもっている。
知識 レタリングに関する造形理論の基本を理解している。
   タイポグラフィを理解している。
   コミュニケーションにおけるレタリングの役割を理解している。
   色彩・印刷に関しての知識をそなえている。
実技 ロゴタイプ、タイプフェイス、カリグラフィなどのレタリング技術を身に
   つけている。
   文字の色彩的表現ができる。
   タイポグラフィを的確に指定、指示することができる。

■ 資格合格率

1級:6.8%
2級:26.7%
3級:63.2%
4級:83.2%
合計:64,5%

■ 資格試験日

6月の第一日曜日

■ 受験料

1級=6,000円
2級=4,900円
3級=3,800円
4級=2,400円
受検料は消費税込み。
また、ダブル受検の場合は、両方の受検料を合算したものが必要です。
ダブル受検料:2級と3級=8,700円  3級と4級=6,200円
ダブル受検できるのは、2級と3級、3級と4級 だけです。

■ 試験実施会場

全国の本会場は18会場。
北海道・宮城・山形・福島・茨城・栃木・埼玉・東京・石川・愛知・大阪・岡山・高知・山口・福岡・熊本・大分・鹿児島
※平成25年度より全国すべての本会場で1級受検が可能となりました。

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

公益財団法人 国際文化カレッジ・レタリング技能検定部
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場4-2-38
電話 03-3361-3461 FAX 03-3367-3114
e-mail info@lettering-kentei.com
   






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP