トップページ生活・商業・デザイン系の資格 ≫ 総合旅行業務取扱管理者



■■ 総合旅行業務取扱管理者 ■■

気軽に海外旅行に出かけることが可能になった今、諸事情に精通した旅行業者の存在は、頼もしい限りです。
総合旅行業務取扱管理者は、旅行業務を扱う営業所では必要とされる国家資格で、海外旅行、国内旅行の両方を扱えます。
旅行業界で活躍したい人には取得価値の大きい資格であるといえます。





■ 受験資格

誰でも受験できます。
※ただし旅行業務取扱管理者試験に関し不正行為のあったものについて、観光庁長官が期間を定めて試験を受けさせないことがあります。

■ 資格試験の内容

【筆記】マークシート方式で行われる
@旅行業法及びこれに基づく命令
A旅行業約款、運送約款および宿泊約款
B国内旅行実務(国内の運送機関および宿泊施設の利用料金、その他の国内の旅行を取り扱う旅行業務に関する料金、その他国内旅行の旅行業務に関する実務)
C海外旅行業務(海外の運送機関および宿泊施設の利用料金、その他の海外の旅行を取り扱う旅行業務に関する料金、旅券の申請手続き、通関手続き、検疫手続き、為替管理その他の海外旅行業務に必要な法令、本邦及び主要国の観光、海外の旅行業務に必要な語学、海外旅行の旅行業務に関する実務)

■ 資格合格率

12.6%

■ 資格試験日

10月中旬

■ 受験料

6500円

■ 試験実施会場

北海道・宮城県・東京都・愛知県・大阪府・広島県・福岡県・沖縄県

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

一般社団法人 日本旅行業協会
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-3-3 全日通霞が関ビル






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP