トップページ生活・商業・デザイン系の資格 ≫ 葬祭ディレクター



■■ 葬祭ディレクター ■■

この制度は、葬祭従事者に求められる知識や技能のレベルの達成度を審査、認定するものです。
葬祭業に従事する人々の、知識・技能の向上を図り、併せて社会的地位向上を図ることを目的としています。

葬祭ディレクター技能審査は、平成8年3月に厚生労働省(当時、労働省)の認定を受けた制度です。
試験は、厚労省に届け出た規程に基づき葬祭ディレクター技能審査協会(平成7年設立、以下、本協会)が実施しており、葬祭ディレクター(1級、2級)の認定は試験結果に基づき葬祭ディレクター技能審査協会が行っています。





■ 受験資格

1級:葬祭実務経験を5年以上有する者、または平成24年度以前に2級合格後2年以上葬祭実務経験を有する者
2級:葬祭実務経験を2年以上有する者

■ 資格試験の内容

【技能審査の対象とする技能の範囲】
1級:全ての葬儀における相談、会場設営、式典運営等の葬祭サービスの詳細な知識と技能
2級:個人葬における相談、会場設営、式典運営等の葬祭サービスの一般的な知識と技能

【技能審査試験の内容】
1級:
・学科試験
 出題方法及び出題数は、正誤判定問題50問、多肢選択問題50問で、合計100問
 解答時間は50分間
・実技試験
 作業試験 幕張(制限時間7分間)
 作業試験 接遇(制限時間2分間)
 作業試験 司会(制限時間6分間)
 実技筆記試験(5問、解答時間30分間)

2級:
・学科試験
 出題方法及び出題数は、正誤判定問題25問、多肢選択問題25問で、合計50問
 解答時間は30分間
・実技試験
 作業試験 幕張(制限時間7分間)
 作業試験 接遇(制限時間2分間)
 作業試験 司会(制限時間4分間)
 実技筆記試験(5問、解答時間30分間)

■ 資格合格率

60.4%(1級)、75.2%(2級)

■ 資格試験日

技能審査試験は1級、2級とも毎年1回以上実施

■ 受験料

1級:54,400円
2級:39,000円

■ 試験実施会場

札幌・仙台・大宮・東京・横浜・名古屋・京都・福岡

■ 合格ライン・合格発表

70%以上の得点

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

葬祭ディレクター技能審査協会
〒105−0004
東京都港区新橋1−18−16 日本生命新橋ビル9階
Tel 03(6206)1281 Fax 03(3500)4212






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP