トップページ船舶系の資格 ≫ 海技士(航海)



■■ 海技士(航海) ■■

海技士とは、船長、航海士といった船舶職員になれる資格で、国土交通大臣から免許を受けたものをいいます。
その中で、海技士(航海)は、出航前の安全確認から航海中の船上業務まで、船舶が安全に航海できるように指針を示す重要な役割を果たさなければなりません。
等級は1〜6級に分かれ、資格取得には試験に合格後、免許講習の受講が必要です。





■ 受験資格

船舶の航行する区域および船舶の大きさの区分などで、それぞれの乗船履歴が定められています。

■ 資格試験の内容

【学科・筆記試験】
・6級
@航海に関する科目(航海計器、地文航法、電波航法 ほか)
A運用に関する科目(船舶の構造、復原性、気象及び海象、操船、船舶の出力装置、非常措置 ほか)
B法規に関する科目(海上衝突予防法、船員法 ほか)

・1〜5級
@航海に関する科目(航海計器、地文航法、電波航法 ほか)
A運用に関する科目(船舶の構造、復原性、気象及び海象、操船、船舶の出力装置、非常措置 ほか)
B法規に関する科目(海上衝突予防法、船員法 ほか)
C英語に関する科目

【学科・口述試験】
各級とも筆記試験合格者に実施

【身体検査】
@視力
A弁色力
B聴力
C眼疾患の有無
D疾病及び身体障害の有無

■ 資格合格率

非公開

■ 資格試験日

定期試験:4月、7月、10月、翌2月
臨時試験:試験地の各地方運輸局が公示

■ 受験料

学科・筆記:2400〜7200円
学科・口述:3000〜7500円
身体検査:870円

■ 試験実施会場

全国11ヶ所

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

国土交通省各地方運輸局 海上安全環境部 労働環境・海技資格課






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP