トップページ船舶系の資格 ≫ 内燃機関海技士(機関)



■■ 内燃機関海技士(機関) ■■

船舶の大型化・高性能化につれて船内の機構も複雑化し、専門知識をもったエンジニアの需要が増加しています。
内燃機関海技士はこうした内燃機関を備えた船舶で、操作 保守などを担当することができる資格です。
等級は2〜6級に分かれ、資格取得には試験に合格後、免許講習の受講が必要です。





■ 受験資格

船舶の航行する区域や船舶の推進機関の出力の区分などで、それぞれの乗船履歴が定められています。

■ 資格試験の内容

【学科・筆記試験】
・機関に関する科目(その1)
@出力装置
Aプロペラ装置
・機関に関する科目(その2)
@補機
A電気工学および電気設備
B自動制御装置
C甲板機械
D燃料及び潤滑剤の特性(6級は除く)
・機関に関する科目(その3)
@燃料及び潤滑剤の特性
A熱力学
B材料工学
C製図(3・2級のみ) ほか
・執務一般に関する科目
@船内作業の安全
A英語(5〜2級) ほか

【学科・口述試験】
各級とも筆記試験合格者に実施

【身体検査】
@視力
A聴力
B眼疾患の有無
C疾病及び身体障害の有無

■ 資格合格率

非公開

■ 資格試験日

定期試験:4月、7月、10月、翌2月
臨時試験:試験地の各地方運輸局が公示

■ 受験料

学科・筆記:2400〜7200円
学科・口述:3000〜7500円
身体検査:870円

■ 試験実施会場

全国11ヶ所

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

国土交通省各地方運輸局 海上安全環境部 労働環境・海技資格課






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP