トップページ船舶系の資格 ≫ 船内荷役作業主任者



■■ 船内荷役作業主任者 ■■

船内荷役作業主任者とは船内での荷役業務を行なうために必要な資格です。
船内の荷役とは船舶に荷物などの積み込みや積み下ろしなどの作業です。
船内の荷物を様々な装置を利用して移動させる為の責任者として作業に当たる場合には、「船内荷役作業主任者」の資格が必要となります。
この資格を取得する為には定められた講習を受け、その後に行なわれる修了試験に合格しなければなりません。





■ 受講資格

・揚貨装置運転士免許、クレーン・デリック運転士免許又は移動式クレーン運転士免許を受けた者で、その後4年以上船内荷役作業に従事した経験を有する者。
・その他厚生労働大臣が定める者

■ 講習の内容

三日間 ・作業に関する知識
・船舶設備、荷役機械等の構造及び取り扱いに関する知識
・玉掛け作業及び合図の方法に関する知識
・荷役の方法に関する知識
・関係法令
・修了試験

■ 資格合格率

公表されていません。

■ 講習・試験日

各都道府県労働局に登録教育機関によって異なります。

■ 受講料

20,500円(各都道府県労働局に登録教育機関によって異なります。)

■ 講習実施会場

各都道府県労働局に登録教育機関

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

厚生労働省
TEL03-5253-1111

港湾貨物運送事業労働災害防止協会
TEL03-3452-7201






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP