トップページ船舶系の資格 ≫ 海技士(通信・電子通信)



■■ 海技士(通信・電子通信) ■■

海技士(通信/電子通信)の主要業務は、無線設備などを通して他の船舶や地上と交信し、安全航行のための情報を収集することです。
いずれも資格取得には、試験合格後に免許講習を受講する必要があります。





■ 受験資格

【通信3〜1級】
@6ヶ月以上の乗船履歴があり、17歳9ヶ月以上のもの
A無線従事者免許証および船舶局無線従事者証明書の所持者

【電子通信4〜1級】
@6ヶ月以上の乗船履歴があり、17歳9ヶ月以上のもの
A無線従事者免許証および船舶局無線従事者証明書の所持者

■ 資格試験の内容

通信3〜1級・電子通信4〜1級とも以下の試験と免許講習が行われる。
【学科】航海一般に関する科目
@船舶及びその設備
A気象及び海象
B航海及び停泊
C船内編成及び職務分掌
D海上衝突予防法、海上交通安全法、船員法、海難審判法、
船舶安全法及び海洋汚染等および海上災害の防止に関する法律ならびにこれらに基づく命令と国際条約ほか(通信3・2級と電子通信4級は国際条約を除く)

【身体検査】
@視力
A弁色力
B聴力
C眼疾患の有無 ほか

【免許講習】
@救命講習
A消火講習

■ 資格合格率

非公開

■ 資格試験日

定期試験:4月、7月、10月、翌2月
臨時試験:試験地の各地方運輸局が公示

■ 受験料

【学科】
通信3級/電子通信4級:各2700円
通信2級:3400円
通信1級/電子通信3〜1級:各5000円
【身体検査】
870円

■ 試験実施会場

全国11ヶ所

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

国土交通省各地方運輸局 海上安全環境部 労働環境・海技資格課






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP