トップページ司法・法務系の資格 ≫ 海事代理士



■■ 海事代理士 ■■

海事代理士とは、他人の委託により、国土交通省や都道府県等の行政機関に対して、船舶安全法、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律、船員法、船舶職員及び小型船舶操縦者法などの海事関係諸法令の規定に基づく申請、届出、登記その他の手続きをし、又はこれらの手続きに関する書類の作成を業とする者をいいます。

海事代理士になるには、海事代理士試験に合格し、海事代理士として登録することが必要です。





■ 受験資格

学歴、年齢、性別等による制限はありませんが、試験に合格しても海事代理士法第3条に規定する欠格事由に該当する者は、海事代理士の登録ができません。

■ 資格試験の内容

(1)筆記試験
●一般法律常識(概括的問題)
憲法、民法、商法(第3編「海商」のみ対象。)
●海事法令(専門的問題)
国土交通省設置法、船舶法、船舶安全法、船舶のトン数の測度に関する法律、船員法、船員職業安定法、船舶職員及び小型船舶操縦者法、海上運送法、港湾運送事業法、内航海運業法、港則法、海上交通安全法、造船法、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律、国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律(国際港湾施設に係る部分を除く。)及びこれらの法律に基づく命令。
(2)口述試験
本年の筆記試験合格者及び前年の筆記試験合格者で本年の筆記試験免除の申請をした者に対して行われます。
●海事法令
船舶法、船舶安全法、船員法、船舶職員及び小型船舶操縦者法

■ 資格合格率

■ 資格試験日

筆記試験:9月
口述試験:11月

■ 受験料

6,800円

■ 試験実施会場

(1)筆記試験
    札幌市  北海道運輸局
    仙台市  東北運輸局
    横浜市  関東運輸局
    新潟市  北陸信越運輸局
    名古屋市  中部運輸局
    大阪市  近畿運輸局
    神戸市  神戸運輸監理部
    広島市  中国運輸局
    高松市  四国運輸局(朝日町庁舎)
    福岡市  九州運輸局
    那覇市  内閣府沖縄総合事務局
(2)口述試験
    東京都  国土交通省(本省)

■ 合格ライン・合格発表

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

国土交通省
〒100?8918
東京都千代田区霞が関2-1-3
(代表電話) 03-5253-8111






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP