トップページスポーツ系の資格 ≫ 競技別指導者資格/教師



■■ 競技別指導者資格/教師 ■■

【教師】
民間商業スポーツ施設やスポーツクラブなどにおいて、競技別の専門的指導者として、質の高い指導を行う方のための資格です。スポーツクラブ会員(顧客)が支払うメンバーフィー(対価)にふさわしい指導能力、個々人の年齢や性別、技能レベルや志向に合わせた実技指導能力を得ることができます。

【上級教師】
民間商業スポーツ施設やスポーツクラブなどにおいて、競技別の専門的指導者のチーフインストラクターとして、実技指導にあたるとともに、各種事業に関する計画の立案、指導方針の決定など中心的な役割を担う方のための資格です。地域スポーツ経営のためのコンサルティングならびに経営受託の企画・調整なども学ぶことができます。





■ 受講資格

【教師】
受講する年の4月1日現在 満20歳以上の者。
その他の条件は各中央競技団体が定める。

【上級教師】

■ 資格試験の内容

【教師】
共通科目:152.5時間(集合講習40h、自宅学習112.5h) 共通科目I
・文化としてのスポーツ
・指導者の役割T
・トレーニング論T
・スポーツ指導者に必要な医学的知識T
・スポーツと栄養
・指導計画と安全管理
・ジュニア期のスポーツ
・地域におけるスポーツ振興
共通科目II
・社会の中のスポーツ
・スポーツと法
・スポーツの心理T
・スポーツ組織の運営と事業
・対象に合わせたスポーツ指導
共通科目III
・指導者の役割U
・アスリートの栄養・食事
・スポーツの心理U
・身体のしくみと働き
・トレーニング論U
・競技者育成のための指導法
・スポーツ指導者に必要な アスリートの健康管理医学的知識U
専門科目:80時間以上  専門科目カリキュラム 水泳、スキー、テニス、スケート、ボウリング、エアロビック、プロゴルフ、プロテニス、職業スキー

期間: 当該年度6月〜翌年3月
共通科目: 日本体育協会において実施。
専門科目: 中央競技団体において計画、実施。

【上級教師】
共通科目:192.5時間(集合講習60h、自宅学習132.5h) 共通科目I
・文化としてのスポーツ
・指導者の役割T
・トレーニング論T
・スポーツ指導者に必要な医学的知識T
・スポーツと栄養
・指導計画と安全管理
・ジュニア期のスポーツ
・地域におけるスポーツ振興
共通科目II
・社会の中のスポーツ
・スポーツと法
・スポーツの心理T
・スポーツ組織の運営と事業
・対象に合わせたスポーツ指導
共通科目III
・指導者の役割U
・アスリートの栄養・食事
・スポーツの心理U
・身体のしくみと働き
・トレーニング論U
・競技者育成のための指導法
・スポーツ指導者に必要な アスリートの健康管理医学的知識U
共通科目IV
・トップアスリートを取り巻く諸問題
・指導能力を高めるためのスキルアッププログラム
専門科目:60時間以上  専門科目カリキュラム 水泳、スキー、テニス、スケート、ボウリング、エアロビック、プロゴルフ、プロテニス、職業スキー

期間: 当該年度6月〜翌年3月
共通科目:日本体育協会において実施。
専門科目:中央競技団体において計画、実施。

■ 申込期間・申込方法

【教師】
申込期間:2月中旬〜3月中旬 申込方法:中央競技団体を通じてお申込みください。
【上級教師】
申込期間:2月中旬〜3月中旬 申込方法:中央競技団体を通じてお申込みください。

■ 受講料

【教師】
共通科目 58,320円
専門科目 競技団体によって異なります。

【上級教師】
共通科目 116,640円(共通科目I、II、III免除者は58,320円)
専門科目 競技団体によって異なります。

■ 合格ライン

【教師】
共通科目:筆記試験を行い、原則として満点の6割以上を合格とする。
専門科目:実施競技団体が定めた筆記試験やレポート課題、技能検定の総合判定とする

【上級教師】
共通科目:筆記試験とレポート課題の判定結果を基に総合的に判定する。
専門科目:実施競技団体が定めた筆記試験やレポート課題、技能検定の総合判定とする。

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

日本体育協会スポーツ指導者育成部
〒150-8050
東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館2階
TEL03-3481-2226

中央競技団体






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP