トップページスポーツ系の資格 ≫ 競技別指導者資格/指導員



■■ 競技別指導者資格/指導員 ■■

【指導員】
地域スポーツクラブ等において、スポーツに初めて出会う子どもたちや初心者を対象に、競技別の専門的な知識を活かし、個々人の年齢や性別など指導対象に合わせた指導にあたる方のための資格です。特に発育発達期の子どもに対しては、総合的な動きづくりを主眼に置き、遊びの要素を取り入れた指導ができるようにカリキュラムを構成していることから、スポーツ少年団などで小学校期の子どもたちの競技別指導にあたる方にはぜひ取得していただきたい資格です。

【上級指導員】
地域スポーツクラブ等において、年齢、競技レベルに応じた指導にあたる方のための資格です。また、地域スポーツクラブなどが実施するスポーツ教室の事業計画立案などを学ぶことができるので、クラブ内指導者の中心的な役割を担う方、広域スポーツセンターや市町村エリアにおいて競技別指導にもあたる方、指導員を育成する立場の方にぜひ取得していただきたい資格です。





■ 受講資格

【指導員】
受講する年の4月1日現在 満18歳以上の者。(競技によっては満20歳以上)
その他の条件は各中央競技団体が定める。

【上級指導員】
受講する年の4月1日現在 満22歳以上の者。
その他の条件は各中央競技団体が定める。

■ カリキュラムの内容

【指導員】
共通科目:共通科目I35時間(通信講座)
・文化としてのスポーツ
・指導者の役割T
・トレーニング論T
・スポーツ指導者に必要な医学的知識T
・スポーツと栄養
・指導計画と安全管理
・ジュニア期のスポーツ
・地域におけるスポーツ振興

専門科目:40時間以上 専門科目カリキュラム
陸上競技、水泳、サッカー、スキー、テニス、ボート、ホッケー、バレーボール、体操、バスケットボール、スケート、レスリング、セーリング、ウエイトリフティング、ハンドボール、自転車競技、ソフトテニス、卓球、軟式野球、相撲、馬術、柔道、ソフトボール、フェンシング、バドミントン、弓道、ライフル射撃、剣道、ラグビーフットボール、山岳、カヌー、アーチェリー、空手道、アイスホッケー、銃剣道、クレー射撃、なぎなた、ボウリング、綱引、ゲートボール、ゴルフ、カーリング、パワーリフティング、グラウンド・ゴルフ、トライアスロン、バウンドテニス、エアロビック、スクーバ・ダイビング、ローラースケート、ダンススポーツ、アメリカンフットボール
期間:当該年度6月〜翌年3月
共通科目:学校法人日本放送協会学園(NHK学園)の通信講座:3ヶ月
専門科目:都道府県体育協会と都道府県競技団体、中央競技団体において計画、実施。
主に土日を使った集合講習と自宅学習。

【上級指導員】
共通科目70時間(集合講習14h、自宅学習56h)
共通科目I
・文化としてのスポーツ
・指導者の役割T
・トレーニング論T
・スポーツ指導者に必要な医学的知識T
・スポーツと栄養
・指導計画と安全管理
・ジュニア期のスポーツ
・地域におけるスポーツ振興
共通科目II
・社会の中のスポーツ
・スポーツと法
・スポーツの心理T
・スポーツ組織の運営と事業
・対象に合わせたスポーツ指導

専門科目:20時間以上 専門科目カリキュラム
陸上競技、水泳、サッカー、スキー、テニス、ボート、ホッケー、バレーボール、体操、バスケットボール、スケート、レスリング、セーリング、ウエイトリフティング、ハンドボール、自転車競技、ソフトテニス、卓球、軟式野球、相撲、馬術、柔道、ソフトボール、フェンシング、バドミントン、弓道、ライフル射撃、剣道、ラグビーフットボール、山岳、カヌー、アーチェリー、空手道、アイスホッケー、銃剣道、クレー射撃、なぎなた、ボウリング、綱引、ゲートボール、ゴルフ、カーリング、パワーリフティング、グラウンド・ゴルフ、トライアスロン、バウンドテニス、エアロビック、スクーバ・ダイビング、ローラースケート、ダンススポーツ、アメリカンフットボール
期間:当該年度4月〜翌年3月
共通科目:都道府県体育協会において計画、実施。
専門科目:都道府県体育協会と都道府県競技団体、中央競技団体において計画・実施。
主に土日を使った集合講習と自宅学習。

■ 申込期間・申込方法

【指導員】
申込期間: 6月1日〜30日
申込方法: 申込書を取り寄せ、必要事項を記入し、都道府県体育協会(中央開催の場合は、中央競技団体)へお申込みください。

【上級指導員】
申込期間:事業実施都道府県・競技によって異なります。
申込方法:都道府県競技団体を通じ、都道府県体育協会へお申込みください。

■ 受講料

【指導員】
共通科目21,600円(教材費含む)
専門科目15,120円(別途必要経費がかかる場合もあります)

【上級指導員】
共通科目 15,120円(共通科目I免除者は8,640円)
専門科目 10,800円(別途必要経費がかかる場合もあります)

■ 合格ライン・合格発表

【指導員】
共通科目:3回にわけて課題を提出。原則として満点の6割以上を合格とする。
専門科目:実施競技団体が定めた筆記試験やレポート課題、技能検定の総合判定とする。

【上級指導員】
共通科目:筆記試験を行い、原則として満点の6割以上を合格とする。
専門科目:実施競技団体が定めた筆記試験やレポート課題、技能検定の総合判定とする。

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

日本体育協会スポーツ指導者育成部
〒150-8050
東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館2階
TEL03-3481-2226

都道府県体育協会






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP