トップページ通信系の資格 ≫ アマチュア無線技士



■■ アマチュア無線技士 ■■

国内はもちろんのこと、海を越え、国境を越え、世界中の人々と更新できるアマチュア無線の楽しさは尽きることがありません。
趣味といえども、国家資格を取得しなければなりませんが、年齢や学歴を問わず誰でも受験でき、展示での受験も可能です。
マニアには人気の高い資格です。





■ 受験資格

誰でも受験できます。

■ 資格試験の内容

試験は多肢選択、マークシート方式
【4・3級】
@無線工学:無線設備の理論、構造・機能の初歩
A法規

【2・1級】
@無線工学:無線設備の理論、構造・機能
A法規:電波法及びこれに基づく命令、国際電気通信条約および付属規則


各級の捜査範囲は以下のとおり
【4級】
アマチュア無線局の空中線電力10W以下の無線設備で、21MHz以上30MHzまで、または8MHz以下の周波数の電波を使うもの、および20W以下の無線設備で、30MHzを超える周波数の電波を使うものの操作(モールス符号による通信操作をのぞく)

【3級】
空中線電力50W以下の無線設備で、18MHz以上または8MHz以下の周波数の電波を使うものの操作

【2級】
空中線電力200W以下の無線設備の操作

【1級】
アマチュア無線局の無線設備の操作

■ 資格合格率

50.8%

■ 資格試験日

札幌及び名古屋は毎月、その他は年1〜9回
※東京に限り8月を除く毎月第三日曜日に、当日受付の試験がある

■ 受験料

4級:5000円
3級:5250円
2級:7450円
1級:8950円

■ 試験実施会場

札幌・仙台・東京・長野・名古屋・金沢・大阪・広島・松山・熊本・那覇

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

(財)日本無線協会
〒104-0053
東京都中央区晴海3-3-3
TEL 03-3533-6022






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP