トップページ通信系の資格 ≫ 海上特殊無線技士



■■ 海上特殊無線技士 ■■

船舶の安全とスムーズな航行をバックアップするために無線機器の操作にあたるのが海上特殊無線技士です。
1級海上特殊無線技士は、一定以上の英語力が必要とされ、小型商船や漁船の船長、航海士、水先人等が取得することが多いようです。





■ 受験資格

誰でも受験できます

■ 資格試験の内容

試験は電気通信術を除いて多肢選択式

【3級】
@無線工学:無線電話の取扱方法
A法規:電波法及びこれに基づく命令

操作範囲は沿岸漁船用の無線電話、レジャーボート・ヨットなどに開設する5W以下の無線局設備の操作および5KW以下のレーダーの操作

【2級】
@無線工学:無線電話の取扱方法
A法規:電波法及びこれに基づく命令

操作範囲は主として小型船舶(漁船)などに設置された中短波(10W以下)、VHF(50W以下)の小無線局の無線装置の操作

【1級】
@無線工学:無線電話の取扱方法
A法規:電波法及びこれに基づく命令、国際電気通信条約および付属規則
B英語

操作範囲は国際VHF波で通信を行う無線装置の操作

【レーダー級】
@無線工学:レーダーの取扱
A法規:電波法及びこれに基づく命令

操作範囲はハーバー・船舶・航空路監視等各種レーダーの操作

■ 資格試験日

年3回:6月、10月、翌2月

■ 受験料

海上特殊3・2級・レーダー級:各5150円
海上特殊1級:6550円

■ 試験実施会場

札幌・仙台・東京・長野・名古屋・金沢・大阪・広島・松山・熊本・那覇

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

(財)日本無線協会
〒104-0053
東京都中央区晴海3-3-3
TEL 03-3533-6022






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP