トップページ通信系の資格 ≫ 陸上特殊無線技士



■■ 陸上特殊無線技士 ■■

さまざまな通信システムによって無限に広がりを増す情報量、そんな情報化社会にあって、陸上特殊無線技士の実力を発揮する場は広がる一方です。
1級から3級、国内電信級の4段階があり、それぞれ多様な無線設備を操作します。
取得の価値が大きいプラスアルファの資格です。





■ 受験資格

誰でも受験できます。

■ 資格試験の内容

【3級】
@無線工学:無線設備の取扱方法
A法規:電波法及びこれに基づく命令の概要

【2級】
@無線工学:無線設備の取扱方法
A法規:電波法及びこれに基づく命令の概要

【1級】
@無線工学:多重無線設備、空中線系等の理論・構造・機能の概要 ほか
A法規:電波法及びこれに基づく命令の概要

【国内電信級】
@電気通信術:モールス電信
A法規:電波法及びこれに基づく命令の概要


各級の操作範囲は以下のとおりです
【3級】
各種業務の小規模基地局などの陸上移動無線

【2級】
警察、消防、タクシー、各種無線サービスカーなどの移動無線、衛星通信用小型地球局

【1級】
2級の範囲のほか、マイクロ回線など多重無線設備(NTT、KDDI、JR各社、放送会社、電力会社、防衛省、国土交通省 ほか)

【国内電信級】
国内の陸上無線局の無線通信(防衛省、海上保安庁)

※総務大臣の認定した養成課程を修了することで、資格を取得するシステムがあります。

■ 資格合格率

【3級】81.7%
【2級】74.5%
【1級】30.1%
【国内電信級】24.5%

■ 資格試験日

年3回:6月、10月、翌2月

■ 受験料

【3級】5150円
【2級】5150円
【1級】5350円
【国内電信級】4550円

■ 試験実施会場

札幌・仙台・東京・長野・名古屋・金沢・大阪・広島・松山・熊本・那覇

■ 受験対策



■ 問い合わせ先

(財)日本無線協会
〒104-0053
東京都中央区晴海3-3-3
TEL 03-3533-6022






☆このページがお役に立ったと思われたらクリックお願いします




Copyright (C) 2012-2015 marketing-design , All rights reserved.

PAGE TOP